生まれてきてくれてありがとうno3

ありがとう

おかあさんのところに
生まれてきてくれて
ありがとう

 

待望の赤ちゃんが誕生し、

ママになった喜びを
胸いっぱいに抱き、
「子育て頑張るぞー」と思っても、

毎日、そんなテンションで
子どもと向き合っていられないですよね。

時には、
ガッカリしたり、
イライラしたり、

ホロホロ涙を流したり、

いろんな気持ちが入り混じった毎日だと思います。

もちろん、私もそうでした。

でもね、
「赤ちゃんがママを選んで生まれてきてくれた」って
思うとね、

急に

子どもが愛おしくって、

かわいくて、、、

元気が湧くの。

「よくぞ、ママを選んで生まれてきてくれた!」

「…ありがとう」って
気持ちが湧くの。

 

イライラして
自分が怒ったり、
時には、大声で泣いたり、
うまくあなたを育てられなかったり、

こんなお母さんだけど、
お母さんのところに生まれてきてくれたのね。

本当にありがとう。

感謝の気持ちでいっぱい。

人生ってね、
偶然のようで、
実は全てが必然で流れている、と私は思っています。

偶然…

たまたま…なんて言葉を使っても
実はそれは必然、

なるべくしてなった、
そう思っています。

例えば、
絶対負けるだろう試合、ランキング上位の相手に立ち向かう時、
もし、その試合に勝ったら、
「奇跡が起こった!」とおもうかもしれない。

でもね、

奇跡ってね、
努力した者だけに起こるもの。

それは、すごく努力したから、
すごくすごく努力したから、奇跡は起こる。

努力しなかった者には、奇跡の可能性はない。
たまたま、奇跡的に勝った、のではなく、
「絶対、勝つぞ!」と思う強いメンタルと、
厳しい練習の成果が
奇跡を引き起こした。

 

人生で起こることは、
全て必然。

だからね
子どもと自分が親子になるのも
必然。

子どもも、親を選んで、
自分のところに生まれてきてくれてたの。

たまたま、自分のところに生まれてきたんじゃあなくて、
親子になる必然があった…。

子どもがお母さんを選び
お母さんもその子を引き寄せた。

お互いに「親子になりたい」という強い意志があったと
私は思っています。

 

きっと、そうです。

だからね、

ありがとう。

ママを選んで生まれてきてくれて。

だからね、

感謝。

あなたと親子になれたこと。

 

 

この記事に関連したおススメ記事

■赤ちゃんの育児がしんどいな、、と感じた時、是非読んでください。

→放置と焦りは禁物!泣く赤ちゃんへの正しい対処法

 

 

 

田宮由美

カテゴリー おすすめ記事 の最新一覧

おすすめ記事

カテゴリー お役立ち記事 の最新一覧

お役立ち記事

田宮由美|子育ち親育ち|発達心理学|
子どもの心と能力を育む執筆・取材・講演を承っております。
 お問合せやお申込は下記からお願いします 
お問合せ
お仕事のご依頼・お問い合せ