花火の書き方 小学生夏休みの宿題

小学生の夏休みの宿題に必ず出る絵画

 

題材が自由画の場合、

夏休み中に、子どもの心に最も残った体験を描くことがよいでしょう。

 

花火大会に行って、

それが心に残っている!

とても綺麗だった!

と感じたら、花火を描いてみましょう。

花火絵の綺麗に見える描き方のコツをお伝えします。

■準備物

画用紙

絵具セット(絵具・筆・筆を洗う水入れ)

濃い鉛筆

新聞紙(下に敷くと机の汚れを気にせず、画用紙の隅々まで色をぬれます)

 

■描き方

1、 鉛筆で薄く、バックの夜空や、下方は山などの景色を描く。

2、 先ずは、夜空のバックと山を薄く、全体に絵の具で塗る。

3、 乾いたら、中筆で、花火の光の線を描いていく。

4、 再度、夜空の色と山の色を重ねて塗る。

5、 再度、中筆で花火の光の線を上からなぞる。

6、 この時、下の花火の線と少しずらすと立体出る。

7、 花火の光感を出すように、一つひとつの火花を細かに、描き込んでいく。

8、 細筆ライナーを使って、光の線の間に、筋線を入れる。

9、 光の先に、光玉を入れていく。

10、光線の先に、飛び散る光粒を描く。

11、 花火の中央は白や薄い黄色を使い、花火の爆発感や光っている感じが出やすい。

 

 

田宮由美|子育ち親育ち|発達心理学|
子どもの心と能力を育む執筆・取材・講演を承っております。
 お問合せやお申込は下記からお願いします 
お問合せ
お仕事のご依頼・お問い合せ